script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

ダイソン、マキタ、ルンバの特徴と使用レポ!結局どれを買えばいいの?

体験談レポ

こんにちわ!aikaです!

掃除機っていろんな種類がありますよね。

サイクロン式や紙パック式、コードレスや自動お掃除ロボットなどなど!

そんな中でも人気の、ダイソン、マキタ、ルンバの掃除機について比較してみます!

それぞれの特徴を紹介します。

さらに、3台もいらない!どれを買えばいいのかな?と悩んでいる方に、主婦目線で使い心地をレポしたいと思います!

 

*ダイソンキャニスター式*

まずはダイソンのコードがあるタイプの掃除機です。

我が家にあるのはこれです。

 

ダイソンの掃除機の特徴と使用感

ダイソン掃除機の中でもキャニスター式のものを選びました。

ダイソンといえば、強い吸引力とパワーが有名ですよね。

 

ダイソン掃除機のメリット

我が家ではダイソンのキャニスター式(コンセントにコードを差し込むタイプ)なので、そのタイプでレポしますね。

 

①吸引力が変わらない

一番の特徴ではないでしょうか。

サイクロン式なので吸引力が落ちないんです。

さらに、コード式なので途中で電源が切れる心配もなしです。

ほかのどの掃除機よりもゴミを吸い取ります。と宣言していますよね!(かっこいい!)

強と弱があります。強のほうをメインで使って、ラグの上は弱で掃除機をかけています。強のままラグをかけると、吸い込みすぎて進みません。

 

②排気がキレイ

昔の掃除機って、排気が汚いイメージありますよね。

とくに小さい子供やペットがいると排気って気になると思うんです。

ダイソンの掃除機はキレイな空気を出してくれるんです。

排気が気になったことってそういえばないなぁ。

子供がいるので、安心!

 

③ツールがたくさんあって便利

掃除機の先端を取りかえるツールがたくさんあります。

布団用や髪の毛が絡まないもの、ペット用のツールもあるんですよ。

ヘッドを取りかえるだけでいろんな場所が掃除しやすくなるなんて便利!我が家は布団用を愛用していますよ。簡単に取り外せるので使いやすいです。

 

ダイソン掃除機のデメリット

デメリットは実際に使ってみて気になった部分です。

 

①音が大きい

かなり音が大きいです。

我が家のように戸建の場合はいいですが、マンション、アパートですと、掃除機をかける時間を気にする必要がありますね。

我が家は日中や夕方、夜に掃除機をかけますが、テレビの音は完全に聞こえないです。

子供たちにテレビの音が聞こえなーい!って言われるくらいなので、わたしは全然気にならないです。

 

②2階に持っていくのが大変

コードレスタイプに比べて、掃除機の形が持ち運びにくいので、2階建て、3階建てで、毎日掃除機をかける方は、少し大変に感じると思います。

私は、週に1回くらいしか、家全体を掃除機かけないタイプのずぼら人間なので、そこまで気にならないです!一気に全部の部屋を掃除するので、キャニスター式でコードのほうが、充電の心配をしなくていいんですよね。

 

よく値段が高い!っていうデメリットも聞きますが、楽天などのネットなどで購入すると、定価よりかなり安く買えます!

我が家のダイソンのキャニスター式の掃除機はショップチャンネルの安くなる時期を待って購入しました。

布団用やノズルなどのセットで37,000円程でした。

他の掃除機と比べると、すんごい安いってわけではありませんが、ダイソンの機能を考えると、この値段でもいいかな!って思います。

 

*マキタ充電式クリーナー*

マキタの掃除機も人気がありますよね。

我が家は18Vの紙パック式を購入しました。

CL182FDRFWという型番です。

 

マキタ紙パック式の特徴と使用感

マキタの充電式クリーナーは18Vで紙パック式を選びました。

選んだ理由は、最初はマキタのコードレスのみで家中の掃除をしようと考えていたので、18Vにしました。

マキタの掃除機は

  • 7,2V(家庭用モデル)
  • 10,8V(家庭用モデル)
  • 14,4V(業務用モデル)
  • 18V(業務用クリーナー)

こんな感じでたくさん種類があります。どれを選べばいいのかわからないなー?という方も多いと思います。

 

マキタ充電式クリーナーのメリット

コードレス掃除機はたくさんあるのになぜマキタが人気なんでしょうか?

 

①充電が早い

コードレスを考えた時にダイソンのコードレスを真っ先に思い浮かべました。まわりでも使っている人が多かったので、使用感を聞いてみたんです。すると。。。

マンションやアパートならいいけど、戸建だと、途中で充電が切れる!切れた後の充電が長いのがストレス!

とのことでした。引っ越す前はアパートだったので充電が切れるってことを全然考えていませんでした。

さっそく充電の時間を比べてみました。

掃除機 充電時間
ダイソン 3,5時間
マキタ 22分

ダイソンの稼働時間が20分ほどなので、20分以内に掃除が完了する場合や、2台目のささっと掃除用でしたら問題ないですが、1階と2階を一気に全部掃除するタイプの我が家には向いていないなーと思いました。

マキタの掃除機は充電が早いんです!完全に充電を使い切ることはないので、実際はもっと早く感じます。

ダイソンのコードレスを使っている友達は(戸建て)家全部をかけると、途中で充電がきれちゃうので、1日おきに、今日は1階、明日は2階。。。というように交互にかけているって言ってましたよ。

 

②バッテリーが外付けなので連続運転も可能

マキタの掃除機はバッテリーが外付けなんです。

そのため、予備のバッテリーを持っておけば、バッテリーを交換すれば連続運転することができちゃうんですよ!

予備のバッテリーがあれば、2階、3階のお家でも充電の心配をせずに掃除ができちゃう!

 

③マキタの他の工具とバッテリーを共有できる

マキタの他の工具とバッテリーを共有できるんです。

我が家ではマキタのインパクトドライバーがありますが、バッテリーを共有できるので、本体のみの購入で済むんです。

さらに、バッテリーが外付けなので、バッテリーが消耗してしまったら、バッテリーだけ取り替えられるってゆうのもいいですよね!

業務用でも使われているので、よく考えられているなーと思います。

 

④お値段が安い

ダイソンやルンバに比べるとお手頃価格で購入できます。

10,8Vだと1万円台からあります。

18Vでも2万円台で購入出来ちゃいますよ。

 

マキタ充電式クリーナーのデメリット

私はマキタの掃除機を買うときに口コミなどをたくさん読んで購入したので、特にデメリットはないんですけどw

一般的によくあるデメリットを紹介します。

 

①機能が少ない

ダイソンの掃除機はツールなどを使って機能的に使用できますが、マキタの掃除機は、ただ吸い取るだけ。いやまあ、それだけで十分なんですがね!

 

②ラグのゴミは吸い取れない

吸引力の問題ですかね。ただゴミを吸い取るために作られているので、ラグの中のゴミまでは吸い取れないようです。

ダイソンとマキタ、両方使うとわかりますが、吸引力は圧倒的にダイソンです!マキタの18Vも吸引力はいいと思いますが、ダイソンにはかないません。

 

③たくさん選べるからこそ失敗する

マキタの掃除機はバッテリーの電圧もそうですが

  • カプセル式か紙パック式か
  • トリガースイッチかワンタッチスイッチか

この辺を好みによって選ぶんですよね。

わたしは紙パック式でワンタッチスイッチにしました!

 

カプセル式で注意なのが、紙パック式と違ってゴミを集めてそのまま捨てるので、紙パック代などがかからないのがメリットなんですが、ダイソンのようなサイクロン式ではないので、ゴミが丸く集まって捨てれないんです!

ゴミを集めるカプセルにゴミが張り付いてお手入れがしにくいので、紙パックは嫌だなーと思ってる方は、サイクロン式のアタッチメント「サイクロンアタッチメント(A-67169)」が売っているので、そちらがおすすめですよ!

わたしはワンタッチスイッチにしたんです。

コレです!

スイッチを押すと動いて、OFFを押すと止まります!w

トリガースイッチは、押している間だけ動くので、バッテリーを節約しながら掃除ができます。

しかし、長時間掃除機を使う場合は、トリガースイッチの場合は、手が疲れるようなので、メインで使う予定の場合は、ワンタッチをおすすめします。

2台目サブで使うのでしたら好みで選んでください♪

 

ルンバの特徴と使用感

ルンバって家事楽の代表かなーと思っていたんですよね。

使いこなせるかどうかってことまでは考えていませんでした。

 

ルンバのメリット

ルンバって引っ越したら絶対欲しいと思っていたんです。

実際は旦那さんのおばあちゃんが持て余していたのをもらいました。

(最初に起動させたら中国語だったよ。おばあちゃーーーん。)

 

①自動で掃除をしてくれる

はい。これ!最高じゃないのー。

ぽちっとスイッチを押すだけで家中掃除をしてくれます。

我が家のはおばあちゃんのお下がりなので、最新機種ではないんですが、最新のものはアプリと連動して

  • アプリから掃除機を起動
  • 掃除の予約
  • 掃除の履歴や面積の確認

こんなこともできちゃうみたいですよー!

 

②床に物を置かなくなった

床にものがあると、ルンバが止まってしまいます。

ルンバを使っていると、床にものが散らからなくなったりと、いいことづくめ!

 

ルンバのデメリット

ルンバにデメリットなんてないと思ってたんですよね。

特に、我が家は共働きなので、出かける前にルンバを起動させてーと考えていました。

 

①床の上にものがあると使えない

わたしがルンバを使いこなせていない最大の理由です。

散らからない家。を目指していたはずなのに、毎日毎日床に何かがあります。

  • 旦那の脱ぎ散らかした服
  • おもちゃたくさん
  • 床に直置きしているポスターやフラワーベース

はい。原因は家族全員です。

服やポスター、フラワーベースは、なんとか直前にソファやテーブルに避難させればいいですが(服は洗濯カゴにいれなさい)

問題はおもちゃなんですーーーー!

リビングの横にキッズスペースを作ったんですよ。子供がまだ小さかったので、自分の部屋より、リビングで遊ぶかなー。リビングにおもちゃを出されるのが嫌だから、横に部屋を作ろう!

ここまではよかったんですけど、リビングとの一体感を出したくて、扉をつけなかったんです。

すると、おもちゃの部屋が散らかってるのでイスなどで封鎖。できないつくり。。。( ꒪⌓꒪)

おもちゃを毎回片付けるってゆう習慣がなかなかできない子供たち。

しっかり習慣づけることを頑張ろう!(急に来年の目標きまった)

 

②完璧にキレイにならない

機種にもよるかなーと思いますが、なんか同じところばっかり通ってる。。。?って思うことないですかね?

我が家はキッチンばっかり来ます。

キッチンの床は毎日拭き掃除してるからキレイなのに!

ルンバよ!なぜキッチンに来るのだ。

ルンバに頼りすぎるのはおすすめしません。

わたしは、急な来客などで、猫の手でも借りたい!って時にルンバの手を借ります。リビングにルンバを解き放ち、その間にいろいろ片付けます。

 

*掃除機はどれを買えばいい?*

我が家で活躍している、ダイソン、マキタ、ルンバについて紹介しましたが

掃除機3個もいらなーーーーい!って方が大半ですよね。

結局どれがおすすめなのかをまとめます。

 

ダイソンのキャニスター式がおすすめな人

  • 週に1回~2回しかきちんと掃除機をかけない人
  • 平屋やマンション、アパートなど階段がない家の人
  • 吸引力を一番重視したい人
  • いろいろなツールを使いこなせる人
  • 掃除機は1台と決めている人

 

マキタの充電式クリーナーがおすすめな人

  • 子供やペットがいる人
  • 毎日掃除機をかける人
  • 階段がある家に住んでいる人
  • コードレスで長時間使いたい人
  • マキタの電気工具を持ってる人
  • 2台目掃除機として使いたい人
  • 安い掃除機を探している人

 

ルンバがおすすめな人

  • 床にものを置かない人
  • 掃除機をかけたくない人
  • 共働きの人

 

*おわりに*

さいごに我が家の掃除機の使用方法を紹介します。

  • 週末や気が向いたときに、ダイソンのキャニスター掃除機で家全体をかける。

(1階だけやってめんどくさくなったり。あるある。)

  • 気になるところをマキタの充電式クリーナーで掃除。

(子供の食べこぼし、洗面所の髪の毛。ランドリールームのホコリ。などなど)

  • 急な来客などで、猫の手も借りたいときにルンバを起動。

(ルンバの起動は年に3回くらい。)

ダイソンでやった方が確実にキレイになるので、人が来るときはダイソンです。

急すぎて片付けもしたいし、掃除機もかけときたい!ってときにルンバが起動します。

 

基本的には毎日マキタを使っています。ダイソンは週1~2。ルンバは年3。

ルンバいらない気もしますが、わたしが全く使いこなせていないだけで、うまく使えば、掃除の時間を大幅にカットできますし、アプリを使えば、いきなりの来客でも、掃除の指示をだせちゃいますよね!

それぞれの特徴を知って、自分にあった掃除機を選んでみてくださいね。

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

コメント